vba 開いているファイル名 取得 10

11-15-2020

googletag.enableServices(); 今回はエクセルVBAでクラスを使った請求書マクロでシートのコピー&保存処理を作成していき、請求書マクロを完成させます。, コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」(通称ノンプロ研)。先日開催された定例会のテーマは「ノンプログラマーのための社内のVBA&GAS活用法」。先輩お二方に、そのノウハウをうかがいました。, 初心者向けエクセルVBA のシリーズで、請求データ一覧から請求書を作成する方法についてお伝えしています。 今回は、エクセルVBAでセル範囲を並行移動する方法とセル範囲をリサイズする方法です。, エクセルVBAでバラバラの経費精算書をデータベースに集めるマクロの作り方をお伝えしています。今回はエクセルVBAでフォルダやファイルを操作するFileSystemオブジェクトとその使い方についてです。, 「初心者でもわかるエクセルVBAのクラスモジュール」をテーマにシリーズ連載しています。今回はエクセルVBAでPropety Getプロシージャを使ってプライベート変数にアクセスする方法をお伝えします。, 当ブログを「応援したい!」「役に立ったよ!」というお気持ちを、コチラからお支払いただくことができます。, マネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧の全件をスプレッドシートに書き出すスクリプト, GASでマネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧をスプレッドシートに書き出す方法. ・ファイル名を入力するだけで、該当するファイルを開きたい・たくさんのファイルが入っているフォルダから欲しいファイルを探すのがめんどくさい, ①コードを書くファイルを、開きたいファイルと別に用意する②ファイルを開くプログラムを書く③inputboxでファイル名を指定できるようにする④フォルダの指定をする(ルール化する)⑤エラーの対処をする, 開きたいファイルが”target.xlsm”、コードを書くファイル(つまりVBAを入れるファイル)を”VBAtest.xlsm”とします。, もし私のようにドキュメントのフォルダに入れているのなら、”Ussers”のユーザー名(ここは人によって違います)の”Documents”に入っています。, もしパスがわからない場合は、上図の下側にあるボックスの中をクリックするとパスが表示されます。, パスをコピーするだけではフォルダの位置までしか情報がないので、ファイル名も加えます。, つまり、”C:¥Users[ユーザー名]¥Documents”までしか取得できないので、“¥target.xlsm”は自分で加えます。, つなげると”C:¥Users[ユーザー名]¥Documents¥target.xlsm”になり、これを()の中に入れてあげるとファイルが開けます。, “¥Documents”までは同じですが、「& “¥” & “Filename”」とし、変数Filenameを使います。, 変数Filenameに開きたいファイル名を入れることで、結果的に()内のパスは先ほどを同じ文字列になります。, つまり変数Filenameを変えれば、ドキュメント内にあるそのファイルが開けるプログラムになっています。, inputboxの()の中には入力ボックスに表示するメッセージ分や注意書きが渡せます。, もし拡張子まで入力した場合、.xlsmファイルなのに.xlsxと入力したら開けません。, これまでは”C~Documents”までを固定しましたが、実際はどのファイルもドキュメントにあるわけではありません。, 1.コードを書くファイルを開きたいファイルのフォルダに必ず入れる2.開きたいファイルを入れているフォルダを固定する, ちょっとややこしい言い方ですが、要は、コードを書いたファイルと同じフォルダにあるファイルを開くプログラムにします。, なので、このファイルと開きたいファイルが同じフォルダ内にあるのなら、先ほどと同様にファイル名を入力すれば開けます。, さっきまでのコードとの違いは、フォルダのパスを固定していないので、このファイルを様々なフォルダ内にいれて使いまわすことができます。, 要するに、変数Pathを固定してしまって、該当するファイルは必ずそのフォルダ内に保存するようにルール化するだけです。, 例えば会社でこのようなVBAを実装するなら、社内のデータは決まったフォルダ内に保存するようにルール化されているはずです。, 売り上げを管理したいファイルにこのコードを書くなら、パスは売上データが入っているフォルダ。, または測定データを集計したいファイルに書くなら、測定データが保存されるフォルダを変数PathにしていすればOKです。, ここまででファイル名を入力して開くプログラムは一通りできていますが、エラーが起きる可能性があります。, 何も入力しないと、”Documents¥”までのパスしか渡されないので、そんなファイルは存在しないからです。, On Error GoTo errorで、エラーが起きたらerror:までジャンプするように設定しましょう。, また、error:の直前にExit Subがないと、正常にファイルが開けたときも”ファイルが見つかりません”と出てくるので注意。, ここまで書ければたいていの状況は対応できているので、ファイル名を入力して開くプログラムは完成です。, パスの概念がわかりにくいかもしれませんが、文字列の連結が感覚的にわかるようになれば簡単ですよ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 非IT企業でVBAとPythonを使ってます Excel VBA のGetOpenFilenameメソッドでファイルを開き、開いたファイルからデータを取得する作業を自動化。手作業と比較してどれだけ効率化できるのか。また、汎用でいろいろなことに使えるように考えながらVBAを書いています。 vbaでファイル名を取得したい vbaを実行している自分自身のファイル名の取得ってできないの? ファイルやフォルダの存在や一覧を取得するにはどしたらいい? vbaでファイル操作をしていると、上のような悩みを抱えることがあるのではないでしょうか? googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); ・VBAを自動で実行したい・ファイルを開いたときに自動で実行させたい そこで今回はVBAでよく... 今回は、 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); var googletag = googletag || {}; 2020.02.01. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); ・VBAでのシート操作をザックリ学びたい・Excel編集を自動でやってみたい 懸垂できないことが最近の悩み, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロが書けるようになる勉強方法を解説, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロを独学した自分が思う勉強に必要な素質, 【ミニマルライフ】ポップインアラジンのリアルな使用感や注意点を伝える(メリットデメリット). 更新日 : 2019年5月2日, ActiveSheet.Nameというプロパティを使えば似たような方法でシート名も取得できます。こちらも詳しく説明した記事がありますので、ぜひご覧ください。, つづいて、より一般的なファイル名を取得する方法を紹介します。これから紹介する方法はすべて共通してファイルのパスがわかっている必要があります。, ファイルのパスとは、ファイルの所在を示す住所のようなものです。たとえば、Cドライブの直下にSamuraiという名前のフォルダがあり、その中にsamurai.txtというテキストファイルがあったとすると、そのパスはC:Samuraisamurai.txtとなります。, なお、(バックスラッシュ)はWindows上では半角の¥マークで表示されます。コンピュータを扱う上での約束事なので覚えておいてください。, さて、ファイル名・フォルダ名を取得する方法に話を戻します。ファイルのパスから名前を取得する方法は次の3パターンがあります。, まず紹介するのはInStrRev関数を使う方法です。シンプルな方法なので応用できる範囲が広いです。また、標準の関数のみを使っているため、Excelのバージョンの影響を受けにくい、というのもメリットですね。, それでは方法を解説していきます。まずはメインとなるInStrRev関数の解説から。この関数は指定した文字列を終端から対象となる文字を検索します。, 第3引数は文字列先頭から数えた数で、ここに入力した文字数から先頭に向かう検索を行います。例えば、開始位置が6の場合、6文字目から先頭に向かって検索していきます。省略した場合と-1を入力した場合文字列末尾からの検索になります。第3引数以下は省略可能です。, 第4引数も省略可能で、0を入れると大文字小文字などを区別するバイナリ比較、1を入れると大文字小文字などを区別しないテキスト比較が可能です。デフォルトはバイナリ比較で、テキスト比較を行う場合、第3引数の開始位置の指定が必須になります。, では、実際にInStrRev関数を使ってファイル名を取得してみましょう。今回はC:Samuraisamurai.txtからファイル名を取得してみます。, このサンプルでは、パスのがある位置を後ろから検索し、Posに記録します。その後、文字列を特定の位置から書き出すMid関数を使って、パスからファイル名だけを取り出しました。Posが+1されているのはを含めないための調整です。, なお、InStrRev関数はNullが検索対象の文字列に代入されるとNullを返します。そのため、パスが存在するかわからないときはこちらのほうがオススメです。, つづいて、Dir関数を使った方法を見ていきましょう。こちらも標準関数によるバージョン安定性があり、専用の関数を使っているためにできることの種類が多くなっています。, pathnameが見つからない場合は、長さ0の空文字("")が戻り値になります。この特性のため、ファイルが存在しようとしまいと値を返すので、うまく設計しないと空文字の処理に手間取ることがあります。, Dir関数はpathnameで指定したファイルパスのファイル名を返すことができます。, このサンプルコードでは、まずDir関数の第1引数にファイルの絶対パスを指定しています。そして、Dir関数の実行結果をメッセージに表示しました。, Dir関数はpathnameで指定したファイル名を返すので、戻り値がファイル名と一致するか判定することでファイルの存在をチェックすることができます。, このサンプルコードでは、まずDir関数の第1引数にファイルの絶対パスを指定しています。そしてファイルが存在するかチェックするために、Dir関数の戻り値がファイル名と一致するか判定しました。, フォルダの存在をチェックするには、Dir関数の第2引数をvbDirectoryで指定します。第1引数はそのフォルダを含む親フォルダのパス名やドライブ名を指定します。, このサンプルコードでは、まずDir関数の第1引数にフォルダの絶対パスを指定しています。そして第2引数にはvbDirectoryを指定し、対象をフォルダで指定しています。, フォルダが存在するかチェックするために、Dir関数の戻り値がフォルダ名と一致するかを判定しました。, Dir関数では第1引数にワイルドカードを利用することができます。ワイルドカードを指定することで、指定したパターンにマッチするファイル名を複数取得することができます。, このサンプルコードでは、Dir関数の引数にString型変数str1を指定しています。str1にはワイルドカードを使用した文字列が格納されていますので、そのパターンにマッチするファイル名を取得しています。, パターンにマッチするファイル名が複数存在する可能性がありますので、Dir関数の引数を指定せずに次のファイル名を取得するようにしています。, ちなみに、ファイル名の一覧の表示順はファイル名の昇順になっています。この順番をソートして入れ替える機能はDir関数にはありません。, 順番をソートしたい場合は、Excelシート上のソートを使う方法がオススメです。シート上のソートはVBAからでもSortメソッド、Sortオブジェクトを使って操作できます。, VBAでのソートの操作についてはこちらのサイトで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。, Dir関数の第2引数にvbDirectoryを指定すると、ファイルとフォルダの名前を取得することができます。, このサンプルコードでは、Dir関数の第1引数にString型変数str1を指定しています。また、第2引数にはvbDirectoryを指定していますので、ファイル名もしくはフォルダ名を返します。, str1にはワイルドカードを使用した文字列が格納されていますので、そのパターンにマッチするファイル名、フォルダ名を取得しました。, パターンにマッチするファイル名、フォルダ名が複数存在する可能性がありますので、Dir関数の引数を指定せずに次のファイル名、フォルダ名を取得するようにしています。, この場合も、ファイル名、サブフォルダ名の一覧の表示順はファイル名の昇順になっています。先ほどお伝えしましたように順番をソートして入れ替える機能はDir関数にはありません。, なお、InStr関数を使ってファイル名、フォルダ名の1文字目に". その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 VBAのプログラムを拡大させていくと、ファイル名から一部文字を切り出したり、セルから文字を抽出する場面がでてきますよね... 【Python】xgboostでの学習状況と特徴量重要度の可視化(feature importance), 変数Filenameを変えれば、ドキュメント内にあるそのファイルが開けるプログラム, 変数Pathを固定してしまって、該当するファイルは必ずそのフォルダ内に保存するようにルール化するだけ. 【エクセルVBA入門】フォルダやファイルを操作するFileSystemオブジェクトとその使い方, 【エクセルVBA入門】For Each~Next文でフォルダ内のブック全てを開く方法, 【エクセルVBA入門】開いたブック名から文字列を抽出して人為的なミスを回避する方法, 【エクセルVBA入門】Vlookupメソッドを使ったときに発生するエラーを回避する方法, 詳解! pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); 【VBA入門】ActiveWorkBookの使い方!ThisWorkBookとの違いも解説! // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする ‚éGetSpecialFolderƒƒ\ƒbƒh, Windows TIPSƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ > ƒvƒ‰ƒbƒgƒtƒH[ƒ€•Ê > Office > Excel, ƒNƒ‰ƒEƒh‚ÅKubernetes‚ðŠw‚ԁ\\ƒ}ƒl[ƒWƒhƒT[ƒrƒX‚ÅŽn‚ß‚éKubernetes“ü–å, uƒeƒŒƒ[ƒN‚ªƒRƒƒiŒã‚̃jƒ…[ƒm[ƒ}ƒ‹‚É‚È‚év‚Í–{“–‚©\\uƒŠƒ‚[ƒgƒ[ƒNvuÝ‘î‹Î–±vŠÖ˜Aƒjƒ…[ƒX‚Ü‚Æ‚ß, uƒRƒƒi‰Ðv‚ÅŒƒ•Ï‚µ‚½Šé‹Æ‚ÆITƒGƒ“ƒWƒjƒA‚́u¶‚«Žc‚èí—ªv\\“ÇŽÒ’²¸‚ƃjƒ…[ƒX‹LŽ–‚©‚çl‚¦‚é, ˆêŽžƒtƒ@ƒCƒ‹‚ÌŠi”[‚ÉŽg—p‚³‚ê‚éTempƒtƒHƒ‹ƒ_B‚±‚̃pƒX‚Í TMPŠÂ‹«•Ï”‚ÅŽw’肳‚ê‚Ä‚¢‚é. photo credit: Nolan Reimold, Matt Angle via photopin (license), さて、実際に業務に使う場合、他のユーザーが間違えて想定しない入力をしてしまったりすることがあります。, そのような問題を先回りして備えることで、業務全体の精度や効率を上げていくことができるようになりますよね。, ということで、エクセルVBAで開いたブックのファイル名から指定した文字数の文字列を抜き出す方法です。, マクロを記述しているブックには以下のようなデータを集めるための「経費データ」というシートがあります。, 各スタッフがそれぞれ作成した経費精算書が、同じフォルダの「data」というフォルダ配下にゴソっと格納されていて、その経費データを収集しようというものです。, それで、フォルダ内のファイルすべてについて開いて、データを収集するプログラムがコチラです。, 前回仕込んだ最終行番号を求めるステートメントのおかげで、毎月実行するとデータがどんどん追加で蓄積されるようになりまいた。, さて、では新しい月になり新たに集まってきた経費精算書について、このプログラムを使ってデータ追加をしてみましょう。, まず、対象月ですが本来は8月とすべきところを、先月のファイルを使いまわしたのでしょう、7月のままになっています。, また、氏名の箇所ですが、苗字と名前の間のスペースが先月はあったのに、今回は入れ忘れてしまっています。これはエクセルから見ると、同一人物という判断にはならず、フィルタでも関数でも集計の邪魔になってしまいます。, 担当者にミスを指摘して「どうしてあなたはいつも間違えるのですか?次こそは絶対に間違えないようにしなさい」などと、口酸っぱく言い続けますか?, 人間はコンピュータと違い、必ずどこかでうっかりミスをします。100%とか絶対ということはありません。, それよりも、業務フローを組み立てる際は、このうっかりが必ず存在するということを前提に組み立ててしまうのが有効です。, この赤囲みの部分ですが、手入力なので、それをそのまま使うと入力ミスが混在する可能性があります。, ただ、その全てについて、その入力ミスをほぼ事前に発見したり、無効化したりができるようになります。, 重要なポイントはファイル名の頭から6桁の年月(YYYY:西暦で年を表す+MM:2桁で月を表す)と、末尾の4桁の社員番号です。, 例えば、太郎さんの社員番号が3001であれば、その8月分の経費精算書のファイル名は, むしろ、年月を変えないと複製ができない(同じファイル名では保存できませんから)ので、おそらく変更をすることになるでしょう。, というのも、フォルダにまとめた時点で、最初の6桁がパッと見で揃っていないと、おかしいですからね。, For Each~Nextルーチン内で使用しているファイル名はf.Nameで取得できますから、このファイル名を加工していきます。, 特定の文字列の最初もしくは最後から指定して文字数を抜き出す場合は、Left関数とRight関数を使います。, 年月はファイル名の最初の6文字ですから、文字列型の変数periodを使って以下のようにすればOKです。, とします。日は今回は1で固定です。DateSerialの使い方についてはこちらを参考ください。, 実行結果はコチラ。入力ミスがあってもファイル名から正しい対象月を拾うことができています。, 今回は、まず人が入力することによって人為的なミスは必ず起こり得ること、そしてそれを前提にシステムを組み立てることについてお伝えしました。, また、入力ミスをしづらい、または発見しやすい方法として、ファイル名からLeft関数やRight関数を使って、年月を抜き出して使う方法を紹介しました。, さて、次回はマスタデータを準備して、氏名や部署についてデータを追加していく方法をお伝えします。, ノンプログラマーがプログラミングスキルを身に着ける支援ををするコミュニティ。セミナー・もくもく会・Facebookグループのサポートで「自らで学び続ける力をつける」支援、「教え合うことで学びの価値を上げる」場の提供をしています。, 【エクセルVBA入門】シートのデータがある最終行番号を求めるステートメントを徹底解説, エクセルVBAを使ってバラバラの経費精算書データを集約するシリーズです。今回は、実行のたびにデータをシートに追加できるようにします。また、最終行番号を求めるステートメントについて徹底的に解説をしていきます。, 初心者向けエクセルVBAのシリーズとして請求データから請求書を作るマクロの作り方についてお伝えしています。 今回はDateSerial関数を使って月末日または翌月末日を自動算出する方法についてお伝えします。, エクセルVBAを使ってバラバラの経費精算書データを集約するシリーズの7回目です。今回は、業務で有効なテクニックとしてもう一つ、マスタシートからVLookupメソッドでデータを取得してくる方法についてお伝えしていきます。, ProtectメソッドとUnprotectメソッドを使って、VBAでシートの保護を設定したり、解除したりする方法をご紹介しています。VBAで作成したレポートを変更させたくない!という時にこのメソッドを加えておけば、シートの保護までVBAがやってくれますよ。シートの保護を忘れずに設定したい!という時におすすめです。, エクセルVBAでクラスを使って請求書マクロを作ろう!のシリーズをお送りしております。

ルネサス ニュース 帰休 4, 高校数学 確率 くじ 36, Vba 開いているファイル名 取得 10, 窓に 貼る Bsアンテナ 4, あつ森 モニカ 好きなもの 8, 成蹊大学 人気 学部 4, 銀魂 興行収入 40億 5, 統合失調症 入浴 セルフケア 不足 看護計画 16, ドラクエ10 錬金効果 おすすめ 7, 小倉記念病院 心臓血管外科 坂口 9, Arrows Tab Q665 M マニュアル 15, Css リスト 2段組 7, 南山大学 奨学金 2020 5, Ps3 コントローラー 点滅しない 5, 部活 の 集まり 服装 5, Obs Ndi 映らない 43, Final Cut Pro Bgm ループ 14, カルピス パウチ 冷凍 7, 玉野市 事故 今日 32, Photoshop アセット サイズが変わる 8, Tsb 639 説明書 9, メディバン 厚塗り Ipad 7, No Good 英語 7, Joyson Safety Systems Japan Wiki 4, Lenovo G500 Cmos電池 4, オンライン ダンス 無料 4, 菅谷 哲也 写真 5, ジムニー 195r16 車検 10, バイト 苦手な人 付き合い方 4,