oracle last_ddl_time 更新されない 11

11-15-2020

You can also catch regular content via Connor's blog and Chris's blog. If it is, please let us know via a Review.

Oracle Databaseリファレンスでの新機能. The reference manual says it the time of the "specification" for the object. If the object is a PACKAGE -- the "specification" is clear. [ORACLE関数] 現在日時を取得する(sysdate、systimestamp) 1,486件のビュー [ORAエラー] ORA-00905: キーワードがありません。 1,469件のビュー My production DBA has executed a same procedure on both 11g and 10g databases. Answered by: Tom Kyte - Last updated: April 22, 2013 - 2:23 pm UTC, Reviewer: Saradha Bavanandam from NJ, USA, Reviewer: Pushparaj Arulappan from NJ,USA, Reviewer: H.S.Anand from New Delhi, India, Reviewer: Bernhard Schwarz from Munich, Germany, Reviewer: Alex Rusinov from Minneapolis, MN. last_ddl_time := 03/08/2011 14:11:03 timestamp :2011-08-03:14:10:36... no it isn't. If the object is a VIEW, the specification is perhaps not as clear. Oracle Database New Features Guide is addressed to those of you familiar with previous releases of Oracle Database and who would like to become familiar with features, options, and enhancements that are new in this release of the database. Is there another way to tell when the last time an object has been modified besides the last_ddl_time (of dba_objects). Is this answer out of date? It is the time of the last update that changed the specification of the object. The procedure was initally created on 2011 under sys user and new version has been loaded today under sys user. What´s the meaning of the TIMESTAMP column in the DBA_OBJECTS view ? The specification of a view is the number, names, and types of columns it returns. What does that mean ? Oracle Database 12 c 以上では、Data Mining Java APIおよびAdaptive Bayes Network (ABN)アルゴリズムは、サポートが終了しました。そのため、Oracle Data Mining Java APIによって作成されたモデルは、Oracle Database release 11 g からOracle Database 12 c には Connor and Chris don't just spend all day on AskTOM. BEGIN FOR rec IN (SELECT * FROM user_triggers) LOOP IF rec.trigger_body LIKE '%emp%' THEN DBMS_OUTPUT.put_line ( 'Found in ' || rec.trigger_name); END IF; END LOOP; END; なお、USER_TRIGGER_COLSビューで、トリガー本体の内部で参照されている列が追跡されます。, USER_DEPENDENCIESビューには、現在のユーザーがアクセスできるプロシージャ、パッケージ、ファンクション、パッケージ本体、トリガー間の依存性が示されます。このビューを使用して、コードに対する影響分析を実行できます。たとえば、特定の表を変更した場合に変更する必要のあるプログラム数を把握できます。, EMPLOYEES表に依存する(EMPLOYEES表を参照する)すべてのオブジェクトを検索します。, 現在のスキーマ内にある、ORDER_MGRパッケージが依存するすべてのオブジェクトを検索します。, ベスト・プラクティスとして私や他の人が強く推奨していることは、プロシージャやファンクションの内部にSQL文を"隠す"ことによるSQL文の繰り返しを避けることです。例を見て、このベスト・プラクティスに違反している箇所をUSER_DEPENDENCIESビューにより特定する方法を確認しましょう。, PL/SQLコードでは、ある主キーの値から1行を取得する問合せが数多く存在するのは非常に一般的です。Oracle Databaseの標準的なEMPLOYEES表を使用する問合せを含むPL/SQLの例を次に示します。, このような問合せを毎回記述するのではなく、この問合せを含み必要な値を返すファンクションを一度だけ記述することをお勧めします。そうすれば、必要に応じてこのファンクションをコールできます。EMPLOYEES_APIというパッケージを作成し、LAST_NAMEというファンクションをそのパッケージに格納しているとすると、上記のプロシージャは次のように変更できます。, ここで、何らかの理由(Oracle Database 11gのファンクション結果キャッシュ機能を使用するなど)で問合せを変更する必要があるとします。その場合に、アプリケーション・コード内でこの問合せが使用されるすべての箇所を検索する必要はなく、1か所で変更を行うことができます。, では、開発チームがこのベスト・プラクティスをコーディング標準に追加し、「SQL文を含むPL/SQLプログラム・ユニットとして、_APIという接尾辞で終わるパッケージのみを使用する」と定めたとします。, この場合、このルールに違反するすべてのプログラム・ユニットを識別するために、次のようなUSER_DEPENDENCIESに対する問合せを記述できます。, USER_ARGUMENTSは、PL/SQLプログラマーにとって非常に便利なビューです。このビューには、スキーマ内にある各ストアド・プログラムの引数(別名パラメータ)に関する情報が含まれます。同時に、優れた解析情報や複雑な構造に関する豊富な情報も表示されます。おもな列は次のとおりです。, PACKAGE_NAME:プロシージャまたはファンクションが定義されているパッケージの名前, POSITION:パラメータ・リストにおける引数の位置(0の場合はファンクションのRETURN句であることを示す), DATA_LEVEL:コンポジット型の引数のネストの深さ(たとえば、引数のデータ型の1つがレコード型の場合、USER_ARGUMENTSには、この引数についてDATA_LEVELが0の行が表示され、さらにレコード内のフィールドごとにDATA_LEVELが1の行が表示される), LONG型の引数があるすべてのプログラムを検索します。LONGは、過去のOracle Databaseのバージョンで、4,000文字を超える大きな文字列を格納するために使用されたデータ型です。現在は、キャラクタ・ラージ・オブジェクト(CLOB)などのラージ・オブジェクト型が使用されます。オラクルは、LONGの使用箇所をCLOBに変換することを推奨しています。USER_ARGUMENTSにより、パラメータ・リストでのそのようなLONGの使用箇所をすべて簡単に検索できます。, OUTまたはIN OUTの引数があるすべてのファンクションを検索します。多くのプログラミング専門家が、ファンクションにはIN引数のみを指定すべきだと言います。OUTまたはIN OUTの引数があるファンクションはSQL文の中でコールできず、ファンクション索引で使用できません。複数の情報を返す必要がある場合は、プロシージャを使用するかレコードを返すようにしてください。リスト1に、このベスト・プラクティスに違反する、パッケージ内に定義されたすべてのファンクションを識別する問合せを示します。, この記事では、Oracle Databaseのデータ・ディクショナリ・ビューから掘り出せるアプリケーション情報のうち、ごく一部のみを取り上げました。Oracle SQL DeveloperなどのPL/SQLエディタには、これらの多くのビューに対応したユーザー・インタフェースが備わっており、ビューの内容を容易に参照できます。, USER_SOURCEに対して、特定の文字列の存在の有無をチェックする問合せを実行することで、かなり簡単なコード品質保証チェックを実行できます。, しかし、Oracle Database 11gのPL/Scopeを使用すれば、もっと強力なソース・コード解析が可能になります。, PL/Scopeは、PL/SQLコンパイラによって起動されるツールであり、PL/SQLプログラム・ユニット内のすべての識別子(変数、プロシージャ、ファンクション、タイプなど)に関する情報を収集して、USER_IDENTIFIERSビューでその情報を表示できるようにします。通常は、開発者がPL/SQLプログラム・ユニットを解析してその解析ツリーを分析する必要のあるような疑問でも、このツールを使用すれば比較的簡単に答えが得られます。, 次に例を示します。宣言されているが、まったく使用されていない変数、定数、例外、LIKEについてプログラムから削除するようにマネージャーから指示されたとします。この場合、単純にコードを検索してすべての削除候補を見つけることは、エラーが起こりやすく時間もかかる作業です。, しかし、PL/Scopeを使用すればこの作業が簡単になります。USER_IDENTIFIERSには、識別子の宣言ごとに1行表示されます。また、その識別子の使用箇所(識別子への参照、または識別子の値を変更するコード行)に対応する行もあります。, そのため、これらの2種類の行セットに対してMINUS操作を実行すると、宣言されているが、参照や使用はされていないすべての識別子が残されます。例外の場合の問合せは次のとおりです。, PL/Scopeは、コードを分析してコードの改良方法を特定する能力に大きな影響を与えることが可能な強力で柔軟なユーティリティです。PL/Scopeについては、2010年に"Zoom In on Your Code"でより詳細な記事を記述しています。, PL/SQLの基礎に関するそれぞれの記事では、記事の中で説明した情報の知識をテストするクイズを毎回出題しています。このクイズは以下の他、PL/SQL Challengeにも掲載されます。PL/SQL Challengeは、PL/SQL言語やSQL、Oracle Application Expressに関するオンライン・クイズを提供するWebサイトです。, スキーマ内のすべてのパッケージに、1つ以上のサブプログラム(プロシージャまたはファンクション)が含まれているとします。次の問合せのうち、スキーマ内にあるすべてのパッケージの名前を表示するものはどれですか。, Steven Feuerstein([email protected])は、Quest SoftwareのPL/SQLエヴァンジェリストです。これまで、Oracle PL/SQLに関する著書(O’Reilly Media)を10冊発行しており、Oracle ACE Directorでもあります。詳細は、stevenfeuerstein.comをご覧ください。, 所有するオブジェクトとの依存性。このビューはおもに、依存するオブジェクトの変更時にデータベース・オブジェクトのステータスを無効化するために、Oracle Databaseによって使用されます。, 所有するすべてのストアド・オブジェクト(トリガーを含む)に関する現在の一連のコンパイル・エラー。このビューには、SQL*PlusコマンドのSHOW ERRORSからアクセスします。このビューに対する独自の問合せを記述することもできます。, Oracle Database 11gで導入されたビューであり、PL/Scopeコンパイラ・ユーティリティにより移入されます。移入後、このビューには、コード・ベース内のすべての識別子(プログラム名、変数など)に関する情報が表示されます。, 所有するオブジェクトのサイズ。実際には、コードのソースのサイズ、解析後のサイズ、コンパイル・サイズが表示されます。おもにコンパイラとランタイム・エンジンによって使用されますが、環境内にあるサイズの大きなプログラムを特定するために開発者が使用することもできます。, 所有するオブジェクト。たとえば、オブジェクトがINVALIDとマークされているかの確認、名前にEMPと付いたすべてのパッケージの検索のために、このビューを使用できます。, 最適化レベルやデバッグ設定など、ALTERコマンドやSET DDLコマンドにより変更可能なPL/SQLオブジェクトの特性に関する情報。, ストアド・プログラムに関する情報(AUTHID設定、プログラムがDETERMINISTICとして定義されているかなど)。, 所有するすべてのオブジェクトのテキスト・ソース・コード(Oracle9i Database以降では、データベース・トリガーとJavaソースが含まれます)。SQLや、特にOracle Textを使用してあらゆる種類のソース・コード分析を実行できるため、非常に便利なビューです。, PL/SQLコンパイラのフラグ。このビューは、ネイティブ・コンパイルによってコンパイルされたプログラムを調査するために使用します。, それぞれ、所有するデータベース・トリガー(ソース・コードおよびトリガーとなるイベントの説明を含む)と、トリガーによって識別される列。USER_TRIGGERSに対するプログラムを記述して、特定の表のトリガーを有効化または無効化できます。, FROM句でインライン・ビューを使用して、USER_ARGUMENTS内のRETURN句の行をすべて識別します(すなわち、ファンクションを識別します)。, RETURN句になく、レコード引数のフィールドなどの"ネストした"情報でもないOUTまたはIN OUTの引数を検索します。, このようなやや長い結合条件を使用して、インライン・ビュー("funcs"という省略名)とUSER_ARGUMENTSとを結合します。オブジェクト名とパッケージ名は一致する必要があります。また、オーバーロード値は同じか、両方がNULLである必要があります。パッケージに同じ名前のサブプログラムが2つ以上含まれる場合、オーバーロード列はNULLになりません。, 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。. Or if video is more your thing, check out Connor's latest video and Chris's latest video from their Youtube channels. it is usefull but i have one more question reagrdin this topic. ここでは、Oracle Database 11 g リリース1(11.1)とリリース2(11.2)の新機能について説明し、追加情報の参照先を示します。 以前のリリースのOracle Databaseにおける新機能の詳細は、該当するリリースのマニュアルを参照してください。 can we change the timestamp of an object without dropping and creating again or replacing again. Same with other objects -- their specification is their "external interface". テクノロジー:PL/SQL データ・ディクショナリ:ビューの有効活用. ヘッダーをスキップ . It´s confusing. created march 8th, 2011 at 2:10pm last ddled on march 8th, 2011 at 2:11pm. The timestamp is used in remote dependency checking. ョナリ・ビュー」, 第I部「動的パフォーマンス・ビュー」. Steven Feuerstein著 2012年11/12月 作成されたデータベース・オブジェクトの再作成の必要性から、作成した際の定義分を取っておきたいということは良くあるかと思います。 dbms_metadataパッケージにget_ddlファンクションが有ります。 このファンクションを使用して定義情報のddl文を生成することができます。 And of course, keep up to date with AskTOM via the official twitter account. この記事の読者であれば、PL/SQLコードを記述する機会は本当に多いでしょう。そのため、頻度は高くないとしても、今後そのコードを分析して、次のような疑問に答える必要があります。, 他のパッケージ内のサブプログラムへのコールや、グローバル変数への参照を含むパッケージはどれか, 言うまでもなく、エディタや統合開発環境の検索機能を使用して、複数のデータベース・オブジェクトやファイルを調査し、特定のテキストのまとまりを見つけることはいつでもできます。しかし、それだけでは、これらの疑問や、その他の多くの疑問のすべてに答えることはできません。, 落ち込む必要はありません。PL/SQLコードを記述してデータベース内にコンパイルすることの大きな利点は、Oracle Databaseが提供しているデータ・ディクショナリと総称される一連のビューを使用できることです。データ・ディクショナリを使用すれば、SQL言語に加えPL/SQL言語も使用して、コードに関するあらゆる疑問に答えることができます。表1に、PL/SQLコードの管理によく使用されるデータ・ディクショナリ・ビューの概要を示します。, この記事では、この表のビューの多くについて詳しく取り上げ、ビューの中で特に便利な列について説明し、さらにこれらのビューの使用例を示します。, データ・ディクショナリは、データベース・インスタンスが作成した多数の表とビューにより構成されます。一般的に、ユーザー・スキーマにはこれらの表に対する権限がなく、Oracle Databaseにより、ビューに対するSELECTのアクセス権のみが付与されます。, ALLビュー:現在接続中のスキーマがアクセス権を持つデータベース・オブジェクトに関する情報, DBAビュー:データベース・インスタンス内のすべてのデータベース・オブジェクトに関する制限なしの情報(DBA以外のスキーマは通常、DBAビューの問合せ権限を持たない), 例を見てみましょう。データベース内に定義されたオブジェクト(表、ビュー、パッケージなど)のリストを取得することにします。, 次の問合せは、スキーマに定義されているか、ユーザーが何らかの手段で使用権限を付与されている、すべてのオブジェクトを返します。, さらに、次の問合せは、データベース・インスタンス内に定義されているすべてのオブジェクトのリストを返します(ユーザーにそのビューの検索権限がある場合)。, 通常、USERビューとALLビューの違いは、ALLビューにはオブジェクトを所有するスキーマを示すOWNERという列が追加されていることだけです。, USER_OBJECTSビューには、スキーマが所有するデータベース・オブジェクトごとに1行表示されます。よく使用される列は次のとおりです。, OBJECT_TYPE:オブジェクトのタイプ(PACKAGE、FUNCTION、TRIGGERなど), プログラム・ユニット(PL/SQLパッケージ、プロシージャ、またはファンクション)のステータスは、依存先のデータベース・オブジェクトが変更された場合にINVALIDに設定されます。そのプログラム・ユニットは再コンパイルする必要があります(再コンパイルは多くの場合、そのプログラム・ユニットを次回使用したときに、Oracle Databaseによって自動的に実行されます)。, データベース内にコンパイルしたすべてのプログラム・ユニットのソース・コードは、USER_SOURCEビューによりアクセスできます。USER_SOURCEには次の列があります。, TYPE:オブジェクトのタイプ(PL/SQLプログラム・ユニット、Javaソース、トリガーのソースなど広範囲に及ぶ), パッケージの特定のサブプログラムをコールするすべてのプログラム・ユニットを検索する, 次に例を示します。SALES_MGRパッケージ内のCALC_TOTALSというプロシージャについて、パラメータ・リストとコードを変更する必要があります。そこで、SALES_MGRパッケージの外部で、このプロシージャをコールしている場所を検索します。, 言うまでもなく、この問合せによって、この文字列を含むすべてのコメントも検索されます。また、次のような、このSELECT文では見つからないCALC_TOTALSの呼出し部も存在する可能性があります。, ただし、このようにサブプログラムのコールを分割しないようにコードを記述、整形するという前提であれば、この問合せでも、確認の必要があるコード内の場所を特定するのに十分です。, また、Oracle Database 11gのインスタンスでは、PL/Scope機能も使用できます。詳しくは、補足の"より優れたUSER_SOURCE"を参照してください。, USER_PLSQL_OBJECT_SETTINGSビューには、PL/SQLストアド・オブジェクトのコンパイラ設定に関する情報が表示されます。おもな列は次のとおりです。, PLSQL_OPTIMIZE_LEVEL:オブジェクトのコンパイルに使用された最適化レベル, PLSQL_WARNINGS:オブジェクトのコンパイルに使用されたコンパイラ警告設定, NLS_LENGTH_SEMANTICS:オブジェクトのコンパイルに使用されたNLS長さセマンティクス, 次に、USER_PLSQL_OBJECT_SETTINGSに対する問合せの例を示します。, Oracle Databaseのコンパイル時の最適化を十分に利用していないすべてのプログラム・ユニットを検索します。, 最適化レベル0は最適化されていないことを示し、最適化レベル1は最適化が最小限であることを示します。これらのレベルはいずれも、本番環境で使用すべきではありません。, コンパイル時の警告(コードの品質に関するフィードバックを表示するもの)が無効化されているすべてのプログラムを識別します。, USER_PROCEDURESビューには、スキーマ内にあるすべてのファンクションとプロシージャに関する情報が表示されます。スキーマレベルと、パッケージ内に定義されたものの両方が対象となります。このビューの列は次のとおりです。, AUTHID:プロシージャまたはファンクションがInvoker権限(CURRENT_USER)とDefiner権限(DEFINER)のどちらのプログラム・ユニットとして定義されているかを示します。, DETERMINISTIC:ファンクションが決定的として定義されている場合はYESに設定されます。これは理論的に、ファンクションから返される値がファンクションの引数値によって完全に決定されることを意味します。, PIPELINED:ファンクションがパイプライン・ファンクションとして定義されている場合はYESに設定されます。これは、パラレル問合せの一部としてパラレルに実行できるファンクションであることを意味します。, OVERLOAD:このサブプログラムがオーバーロードされている場合に正数に設定されます。これは、同じパッケージ内にこの名前のサブプログラムが2つ以上あることを意味します。, Invoker権限の下に実行されるすべてのプロシージャとファンクションを検索します(プログラムのInvoker権限は、実行時に表などのデータベース・オブジェクトへの参照を解決するために使用されます)。, データベース・トリガーを使用している場合、USER_TRIGGERSが便利です。USER_TRIGGERSでは、スキーマ内に定義されているトリガーごとに1行表示されます。おもな列は次のとおりです。, TRIGGER_TYPE:BEFOREとAFTERのどちらのトリガーであり、さらに行レベルと文レベルのどちらのトリガーであるかを示す文字列(たとえば、INSERT文の前に起動されるトリガーの場合、この列の値はBEFORE STATEMENTとなる), TRIGGERING_EVENT:トリガーを起動するSQL操作のタイプ(INSERT、INSERT OR UPDATE、DELETE OR UPDATE), WHEN_CLAUSE:トリガー本体が不必要に実行されることを防ぐために使用できるオプションの句, USER_TRIGGERSビューには制約が1つあります。それは、TRIGGER_BODY列がLONG型であることです。そのため、この列をSQLの比較演算で使用することはできません。, たとえば、トリガー本体に"emp"という文字列が含まれるすべてのトリガーを検索するとします。残念ながら、次の問合せは失敗し、ORA-00932エラーが発生します。, トリガー本体の内容を検索する場合は、PL/SQLを使用して次のようなブロックを記述する必要があります。.

フォートナイト 攻略 初心者 9, ダイソー ブラシ 髪 4, パーラ ベイビーシャーク 曲 5, 豊橋駅から名古屋駅 名鉄 料金 4, ラルク Tetsuya 結婚 7, 巨人 の小笠原 なんj 23, ポケモン剣盾 裏ワザ レイド 21, ベンツ エアコン 設定 5, Esprimo Wh77 S Hdmi 9, マイクラ 村 宝 4, Dish Bokutachi Ga Yarimashita Rar 44, オフィシャル 髭 ダンディズム 天才 8, Nighty Night 意味 14, Er34 追加メーター 取り付け 8, マイクラ スコアボード 検知 15, 174 センチ ダンク 8, ワコーズ レックス Bmw 5, Mac Launchpadアイコン 表示 されない 6, 半袖 袖 短くしたい 8, バンパー 塗装 名古屋 8, エクスプローラー アイコン 画像 4, サカイ 銃砲店 中古銃 4, 志田未来 妊娠 ドラマ 25, サンバー スーパーチャージャー 耐久性 5, Portal2 画面分割 Pc 6, Word 表 回り込み 4, ドラクエ4 攻略 マップ 6, エコフル シャワー 分解 11, Iz*one プライベートメール 返信 14, パソコン シリアルナンバー Dell 4, 口から 泥 夢 9, Gps Glonass Galileo 比較 4, 食料備蓄 1ヶ月分 リスト 12, シャープ ブルーレイレコーダー 故障 10, 池袋ウエストゲートパーク ヒカル 多重人格 7, ニチワ 不動産 評判 4, 乃木坂 私服 高い 7, ディープインパクト 母父 相性 4, 光genji Smap 違い 7, Bootstrap Table Cellpadding 4, Ffmpeg Mov Mp4 4, 犬 溶血性貧血 治る 4, おじゃる丸 狛犬 声優 10, 人形 収納 100均 13, 画像 説明 アプリ 23, 趣味 音楽鑑賞 例文 6, 日本郵船 人事 かわいい 15, ライオン 翼 神話 4, イオン Switch 抽選発表 5, 電子書籍 書き込み Android 11, めん ま の手紙 4, Vba Sql文 作成 5, 日赤 整形外科 医師 41, Unity Webgl Iframe 8, ジャイアント エスケープ R3とrx3 どっちが良い 11, うさぎ 撫でる 伏せる 12, グラボ ファン カラカラ 4, 退職祝い 有志一同 名簿 書き方 42,